自動バックアップ標準装備の共用レンタルサーバー7選

サーバー比較

「大事だって分かっているけど、つい忘れてしまう!」

バックアップって、そんなところがありませんか?

ちょっとしたミスで大事なデータを消してしまったり、ファイルをちょっといじくったら画面が真っ白になってしまったなんてよくあることです。

とくにWordPressを使ったブログなどでは、プラグインの相性が悪かったり、カスタマイズを失敗したりで、正常に表示されなくなるといったトラブルも珍しくありません。

私も今までに何度も経験しています。

そんな時に、あらかじめ失敗を予測してバックアップを取っておくのが模範的な行動なのでしょうが、誰もがそんな完璧に動けるわけではないですよね。

ところが、レンタルサーバーの中には人間に代わって、Webサイトのバックアップを定期的かつ自動的に取ってくれるものがあります。

この自動バックアップ機能さえあれば、万が一ユーザー側でバックアップを忘れてしまっていても、サーバー側に保存されたデータから元通りに復元(リストア)させることが可能です。

 

RAIDはサーバー障害に備えるもの

ちなみに、レンタルサーバーの中には、RAIDを採用していることをバックアップ機能として紹介しているところもありますが、これには注意が必要です。

サーバーの多くは障害時にデータを失わないよう、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive/Independent Disks)という、冗長化を担う技術を採用しています。

RAIDとは、複数のハードディスクを組み合わせて1台のディスクのように利用することができる技術で、RAID 0、RAID 1など、いくつかの方式があります。

ところが、このRAIDはあくまでもサーバー障害に備えたバックアップシステムなので、ユーザーの「前のデータを復元させたい」という要望には対応できません。

とりたててスペシャルな機能ではありませんので、むしろ、「まともな運営をしているレンタルサーバーならRAIDを採用しているのが当たり前」ぐらいに思っていいと思います。

バックアップ機能のあるレンタルサーバーを選ぶ際には、それがRAIDではなく、ユーザー自身がバックアップデータを取得し復元(リストア)できる機能なのかを確認しましょう。

 

自動バックアップ機能で抑えるポイント

ひとくちに「自動バックアップ機能」と言っても、レンタルサーバー各社でその具体的な内容は千差万別です。「自動バックアップ機能」の実態を確認する際に、抑えるべきポイントとしては4つあります。

 

1.バックアップの対象

バックアップの対称となるのは、Webデータだけなのか、データベースやメールは含まれるのか?

 

2.バックアップの頻度

バックアップの頻度は毎日なのか、週1回、もしくは月1回か?

 

3.何世代分

バックアップデータは通常古いものから順次消去されていくが、常に何世代分保存されているのか?

 

4.復元(リストア)

バックアップデータの取得や復元(リストア)は有料、もしくは無料か?

 

自動バックアップ標準装備レンタルサーバーベスト7

上記4ポイントを踏まえて、自動バックアップ標準装備のレンタルサーバーをランキングしてみました。なお、有料オプションで自動バックアップ機能が付くサーバーもありますが今回は除外しています。

また、レンタルサーバーの総合的な評価ではなく、あくまでも自動バックアップ機能の内容のみで評価しています。

 

1位:CPI

自動バックアップ機能の詳細

  1. 対象:ウェブ領域とデータベース領域
  2. 頻度:毎日深夜帯、リリース時、ファイル転送時、リストア処理時
  3. 世代:ウェブ領域は30世代まで、データベースは10世代まで
  4. 復元:「SmartRelease」コントロールパネルからすぐにリストア可能

 

レンタルサーバーの機能と評価

初期費用月額ディスク容量マルチドメインMySQL
0円3,800円無制限無制限無制限

 
大手通信会社KDDIグループが運営するレンタルサーバーです。

毎日だけでなく、リリース時やファイル転送時、リストア処理時にも自動バックアップを取ってくれるのはCPIだけ。また、復元(リストア)もコントロールパネルからクリックだけと簡単です。

ディスク容量、マルチドメイン、MySQLがすべて無制限と、機能面の充実度では他を寄せ付けません。



 

2位:ラクサバ

自動バックアップ機能の詳細

  1. 対象:ホームディレクトリ、MySQLデータベース、メール転送、メール振り分け
  2. 頻度:毎日
  3. 世代:日次、週次、月次の三種類
  4. 復元:サーバパネルの【バックアップ】より必要なファイルを取得可能

 

レンタルサーバーの機能と評価

初期費用月額ディスク容量マルチドメインMySQL
1,426円92~913円2~60GB3~100個0~25個

 
月額1,000円以下の4プランを提供する激安レンタルサーバーですが、標準で自動バックアップ機能を搭載しています。MySQLデータベースもバックアップ対象に含まれるので、WordPressユーザーでも安心です。

バックアップデータ取得まではサーバパネルから行えますが、復元作業は自力でやることになります。

他にもWebDAV対応、ワードプレス簡単インストールあり、電話サポートありと、価格の割に機能が充実しています。



 

3~5位:エックスサーバーグループ

エックスサーバーに代表されるエックスサーバー社のレンタルサーバーには、他にも法人向けのシックスコア、大容量&無制限のX2などがあります。

いずれも、同じ自動バックアップ機能を標準装備していますので、「エックスサーバーグループ」としてまとめて紹介します。

自動バックアップ機能の詳細

  1. 対象:Web・メールデータとMySQLデータベース
  2. 頻度:1日1回
  3. 世代:Web・メールデータは7日分、MySQLデータベースは14日分
  4. 復元:データ提供1回ごとに手数料が必要

 

レンタルサーバーの機能と評価

代表例としてエックスサーバーを取り上げます。

初期費用月額ディスク容量マルチドメインMySQL
3,000円1,000~4,000円200~400GB無制限50~70個

 
全プラン標準で自動バックアップに対応し、毎日、Web・メールデータは7日分、MySQLデータベースは14日分を保持してくれるので安心です。

ただし、バックアップデータの提供の際にはWeb・メールデータは税込10,800円、データベース1つにつき税込5,400円が手数料として必要です。

私は利用したことがありませんが、やや高額ですので実際にデータを消失してしまっても、利用するかすぐには決断できないかもしれません。

 
個人ユーザー向け(法人利用も多い)エックスサーバー↓

 
法人向けビジネス仕様のシックスコア↓

 
大容量&無制限、高パフォーマンスのX2↓

 

6位:ミニム

自動バックアップ機能の詳細

  1. 対象:Webファイルとデータベース
  2. 頻度:週1回もしくは月1回
  3. 世代:1世代のみ
  4. 復元:サイトマネージャーから「復元」ボタンをクリック

 

レンタルサーバーの機能と評価

初期費用月額ディスク容量マルチドメインMySQL
457~1,500円55~1,200円1~50GB2~300個1~30個

 
激安サーバーながらもWebファイルのみならずデータベースの自動バックアップもしてくれます。ただ、毎日バックアップは取れません。多くて週1回の頻度です。データの取得や復元はサイトマネージャーから簡単に行えます。

ただし、バックアップデータも使用容量に含まれる点に要注意。

共用サーバーのプランは細かく8つに分かれていますので、契約前にどのようなサイトをどれだけ作るのかよく検討しておきましょう。



 

7位:お名前.com

自動バックアップ機能の詳細

  1. 対象:メールやデータベースを除くホームページデータ
  2. 頻度:深夜2時以降に毎日
  3. 世代:保存期間は3週間分
  4. 復元:バックアップデータはFTP接続にてダウンロード可能

 

レンタルサーバーの機能と評価

初期費用月額ディスク容量マルチドメインMySQL
1,800円900~1,800円200~400GB無制限50~無制限

 
全プランにて3週間分のバックアップデータを毎日保存する自動バックアップ機能を標準装備。ただし、メールやデータベースは含まれませんので、WordPress利用者は要注意です。

HTMLベースのサイトを運営していてメールを使っていないなら問題ありませんが、そもそもHTMLサイトはローカル(パソコン)に元データがあるケースが多いので、あまり必要ないかも。

バックアップデータはFTPダウンロードで取得して自力で復元させます。



 

まとめ

このように自動バックアップ機能の内容を見ると、CPIの充実ぶりが際立っています。やや高額なレンタルサーバーですが、バックアップの頻度が多く復元が容易なので、ホームページ制作会社の利用が多いのもうなづけます。

ラクサバミニムはいわゆる激安サーバーですが、価格の割にはなかなか充実しているのではないでしょうか。

エックスサーバーグループは、Web・メールデータが7日分、データベースが14日分と世代数は多いですが、データ取得が有料なのがネックですね。ただ、実際に使うことがなくても、保険として考えると心強いと言えます。

お名前.comは、毎日3週間分と世代数が多く、かなりさかのぼって復元できますが、データベースとメールが対象になっていないのがやや残念です。

タイトルとURLをコピーしました